ペット霊園ペット墓地

結構、ペット火葬が終了した後で、永代ペット供養をお願いしペット供養塔などでペット供養していただく場合が多いと思います。しかし、それでは愛するペットのためにのペット供養としては足りないと思われる方も見えると思います。ペットの霊園・ペット墓地は、大きく分けると共同ペット墓地と個別ペット墓地があります。最初にこの違いについて解説して行きます。


※共同ペット墓地
他のペットと共同の墓地に埋葬するタイプです。この共同ペット墓地は、大型の墓石や供養塔などが作られている場合が一般的と言えます。お墓参りは、この墓石や供養塔に向かってお祈りすることになります。もちろん、生前ペットが好きだったお供え物や線香、お花などを手向けることもできます。費用自身も個別のペット墓地に比べるとはるかにリーズナブルです。


※個別ペット墓地
簡単に言ってしまえば、人のお墓と同じと言って良いと思います。そのペット専用の墓石・墓地が用意され墓石にはペットの名前などを刻むことができます。そして、その墓地にお花やお線香、さらには生前ペットの好きだったものを手向けることができます。本当に人のご自宅のお墓と同じだと思えばよいと思います。また、定期的に合同慰霊祭を執り行ってくれるペット霊園もありますので、霊園選択の選択肢に加えても良いかと思います。このタイプのペット霊園(墓地)を用意したいと皆さん思われると思いますが、やりこのタイプのペット霊園が普及しない理由は、費用が高いということだと思います。


まず、はじめに電話をするのは、なるべく近くで、お墓参りや法要に通える場所にあるペット霊園です。 次に、チェックするのは、電話をしたとき、ペットを亡くしたあなたの気持ちをわかって対応してくれているかということです。その上であなたがどうすればいいかを適切に段取り良く説明してくれるか、料金が明快かなどになります。 この時、定休日や受付時間もチェックしておきましょう。 亡くなったペットの火葬など、時間に制限があることもありますのでこちらから聞いておくことを忘れないようにしましょう。

ペット火葬の前にカテゴリー

移動火葬車

ペット火葬の為のペット火葬専用移動火葬車があります

ペット火葬

ペット火葬には、合同ペット火葬、個別ペット火葬、立ち会いペット火葬等があります

ペット供養

ペットの供養は、飼い主の最後の愛情です

ペットが亡くなったら

ペットが亡くなったら、しなくてはいけない事がたくさんあります

ペット火葬の種類

ペット火葬の種類には、合同ペット火葬、個別ペット火葬、立会ペット火葬等があります

ペットの病気

ペットの病気は適切に対処しないとペットが可哀想です

ペット葬儀

ペット葬儀は、人間と同じようにペットの為のお葬式をして供養してあげることです

獣医

ペットの獣医は、ペットを大切に扱う気持ちのある獣医を選びましょう

管理人プロフィール

管理人のプロフィールです

ペット火葬の前にPick Up!

ペット葬儀の内容

ペット,葬儀,火葬

ペット葬儀の前にすること

ペット,葬儀,火葬

ノミの予防

のみ,ノミ,予防

獣医さんの選び方

ペット,火葬,獣医